脱毛方法には実は幾つものバリエーションがあるのです

かつては、ニードル脱毛といってその名が示す通り細い針を用いての脱毛方法が中心でした。最近ではずいぶん減ってきているみたいだが、ニードル脱毛は毛穴の1つ1つに細身の針を突き刺して処理して行くため痛みが発生する傾向が強く、さらに施術にも長時間が必要になっていたんです。

100%手仕事となっていて、施術者に左右されて施術の速さもけっこう異なると聞かされました。ところが、現代のメジャーはレーザー脱毛だそうです。レーザー脱毛は、黒い色に作用するレーザーを放光して毛根を処理するやり方にです。施術をしてもらう側は寝っ転がってひたすらに施術されるのを待って居ればOK!。苦痛もあまり覚えることはないのです。肌お肌に輪ゴムをはじくような痛みと、よくたとえられているのです。

痛みがあって堪えられない!というものとは違うのでご安心を。スーパーでレジを通す時にバーコードを認識するバーコードリーダーみたいな器具を、施術ポイントにピッピッと当ていくだけの簡単なものです。ワキのみの施術であったら、ほんの数分で済ませるので長時間かかることもないのです。施術後は冷めたタオルやアイスノンを使って施術場所をアイシングしてもらい、脱毛お終いです。